MC百道浜ブログ

2014-05-16 メンタルクリニック百道浜

追想3

大学受験前に気分が沈み、守りの気持ち一辺倒になりました。

落ちたらどうしよう、自分だけうまくいかないのでは、などなど。

また、久留米附設での6年間の苦しかったこと、いやなこと、耐えてきたことを次から次と思い出し、もうあんなことは嫌だという思いが募りました。

結果がほしいと日々動揺し、あれもこれもと問題集などを落ち着かず飛ばしていたこと。

焦りが高じて、どうでもなれと自暴自棄となり、適当な受験にしてしまいました。

自滅の終焉でした。

浪人して、完全ではありませんが、自分を見つめなおす時間が持てました。

落ち着けば、できないものは何もありませんでした。

附設の時の頑張りで、ほとんどすべての問題集を解いていたのですから当たり前でした。

5月に入学試験があっても十分に大丈夫、そんな感じでした。

時間を持て余しました。

次の年、自分なりに考えた末、出身地の大学の医学部を受験し、入学しました。

 

徳永 仁伯 (とくなが ひろのり)

院長

●PROFILE

●1989年/九州大学医学部卒業
1995年/精神保健指定医
1996年/九州大学学位記
2005年/精神科指導医
2006年/精神科専門医

●職歴
九州大学医学部附属病院
福岡県立太宰府病院
国立病院九州医療センター
など

●留学経験
アメリカミネソタ州立ミネソタ大学医学部
アメリカオハイオ州退役軍人病院

●2013年/メンタルクリニック百道浜 院長

◆専門分野/うつ、薬物依存、適応障害、摂食障害など精神科全般

●他スタッフの最新メッセージ